マイグレーションとは?

greagシステムはどんどんと変化していきますが、そのたびに新しいものに変更している企業ばかりではありません。
もちろん古いシステムをそのまま使い続けることも難しくなれば、それまでのデータなどを新しいシステムに移行しなければならなくなります。
いろいろな場面で必要になる移行をマイグレーションと呼ぶのですが、データの他にもソフトウェアの開発環境を他のものに変換する場合などもマイグレーションと呼ばれるのです。

別のシステムなどへ移行すること

コンピュータそのものは問題なくても、その上で動いているOSなどはどんどんと古くなっていくことにあります。
そのままでも問題なく動いていれば、何もせずに使い続ける場合もあるでしょう。
ですがサポートの終了やセキュリティの問題などもあり、OSを新しくしなければならない場合があります。
その際にコンピュータに新しいOSを導入することをマイグレーションと呼ぶのです。
新しく移行することが出来れば、セキュリティに関する問題も解決しますし、サポートもしっかりと受けることが出来るようになります。

データだけを移行させる場合もある

コンピュータに新システムを導入するだけではなく、全く新しい環境にデータを移行させる場合もマイグレーションと呼ばれます。
使っているメインフレームなどが古くなってくれば、当然ですが処理能力にも物足りなさや不満を感じることは良くあるものです。
その際にそれまで蓄積してきたデータを、高性能な全く別のシステムに導入することもあります。
環境が新しくなったからといって、それまでのデータを捨てることになると損失も大きなものになります。
使えるものはしっかりと利用できるように移行させることが必要ですが、これはデータマイグレーションと呼ばれるのです。

レガシーマイグレーションとは

thshts企業では高価なシステムを導入して、それを利用して業務を行っている場合がたくさんあります。
ですがそのままでは維持費も嵩みますから、少しでも安価なシステムに移行したいと考えるものです。
そのときにそれまでのメインフレームと呼ばれる高価なものから、Windowsのように一般的なものに移行する事をレガシーマイグレーションと呼ぶのです。
この場合はメインフレームで使っていたプログラム類はそのままでは使えないので、使えるようにプログラムを変換することになります。
新規開発になるとコストや時間がかかるので、利用できるかどうか調査してから変換して対応する事が多いのです。

別の開発言語に移行することもある

ソフトウェアの開発に使っていた開発環境を新しいものに移行する場合もあります。
その場合はプログラミング言語そのものを変えることもあるのです。
古いプログラミング言語で開発されていた場合、そのままでは最新システムへの適用が難しくなっていく場合もあります。
そうなると対応しやすい別の開発環境に移行させる必要が出てくるのですが、そこで使えるように変換する場合もマイグレーションと呼ばれます。

移行することが必要になっている

マイグレーションというのは移行や移転という意味の言葉ですが、システムやデータを移すことを指して使うことが多いのです。
旧システムから新しいものへ移行したり、データのみを全く別のシステムへ移すこともあります。
別の環境でも使えるように蓄積されたデータやソフトウェアなどのプログラムを変換して対応することが多いのです。

新着情報

◆2016/11/21
マイグレーションとは?の情報を更新しました。
◆2016/11/21
マイグレーションでは手作業の修正も必要の情報を更新しました。
◆2016/11/21
マイグレーションには変換作業が必要の情報を更新しました。
◆2016/11/17
会社内容を新規投稿しました。
◆2016/11/17
維持費の大幅な削減が可能になっているの情報を更新しました。